サーフィンにおける「スタイル」。
最近よく耳にする言葉である。
もちろん昔からスタイルは個々にあり、カッコいいサーフィンをするひとは
スタイリッシュサーファーと呼ばれてきた。。
決して単純に「上手い」サーファーとは表現しないのだ。

Img20100203154227
Img1b20100203154227
Img1c20100203165217
ちょいと前、コンペティションシーンが全盛のころは
この「スタイル」より「技術」のほうに注目が行き、
テイクオフがガツガツでも、手をバタバタさせていても、そして立ったあとガニマタでも、
点数が出ればそれは「上手い」=カッコいいという感じさえあった。
ジャッジの主観や好み等もあったかもしれないが
それはそれで良かったし技術の向上や板の進化に大きな貢献をしたのではないかな。。

時の経過とともに「スタイル」という観点からサーフィンを見る人が増えて来たのか
この言葉に再び注目が集まりだす。
スタイルマスターという呼び名も出て来た。
自分のスタイルを確立していて、ほとんどの人から見て
カッコよく上手いというサーファーに与えられる称号。
皆の憧れですね。

今では技術的に上手いというスタイル、
派手ではないが小粋なサーフィンを見せるスタイル、
技術とかっこよさの両方を兼ね備えたスタイル、
The Dayにのみ現れるビッグウェーバー、
はたまた陸サーファー的にアツいとか
見た目ダサいけど乗らせるとすごいなんていうスタイル等々…
いろんなチョイス?が増えたのも事実。
もはやどれがいいとか悪いとかいうことはではなく、
すべては自由で思うまま進むことができるようになった。

そういやビギナーのときはとにかく必死で、自分のスタイルどうのこうのより
目の前の波に乗ることしか考えてなかった。
見よう見まね、または先輩に言われるがままにがむしゃらにパドルしてきた。
でもだんだんいろんな板や乗り方や個性があるって気付いてきたら…
「自分ってどんなスタイルなんだろう?」
「みんなの目にはどう映ってるのかな。。」
もちろん周りの目を気にしてサーフィンしてるわけじゃない。
でもちょっと気になる。。
そういう気持ちになったらこう考えてみるのもいい。
ひとから「何と言われたいか」というより「何と言わせるか」。
そのための努力、それが自分自身をプッシュし「スタイル」を確立させるのかもしれない。
スタイリッシュな人って知らないとこでなにかしら努力してたりしますよね。
 
Img2a20100203165217
海の上で存在感があり、なおかつサーフィンが上手いサーファーは
ほんと素直にカッコいい。
岸から見てもすぐに「あの人だ!」ってわかる。
でも目立ちこそしないもののしっかりといい波をキャッチして
ファンサーフするというのもまたいい。
よーく見てると「あのひと、乗ってるよね」みたいな。


あなたはどんな風になりたいですか?

スタイルは十人十色。
先人達や大先輩へのリスペクトを持ちつつ
自信を持ってあなたらしいスタイルを見つけてください!

そのための手段、道具をお手伝いするのが我々の仕事かな。。


~つづく
Img3a20100203165217
1dayトリップ。
目的地は白い砂浜とカモメがいるあの場所。
Img20100222170240
朝のうちは風も弱かったのですが、徐々にオンショアに。

キーンとくる冷たさと太陽に照らされてぬくぬくの背中が
なんともいえない感覚。
これで波もよかったらなぁ。。

Img2a20100222170240
Img2b20100222170240

春がきたような晴天のなか温泉へ向かう途中、ちょっと寄り道。
かすかに入るうねりに「堤防のレギュラーがよさそう?」なんて話ながら
澄んだ水がキラキラときれいなコンパクトブレイク。
今度はこのポイントで小波狙おうかな。
Img3a20100223003427

帰り道は雪山と行楽日和の大渋滞。
ほんとこんなの初めってていうくらい動かない。
こんなとこで?っていう場所なんだけどね。。
でも前を走っていたサーフボードを積んでる車に
なんと「ひろ板子工房」のステッカーが!
なんかちょっとうれしくてテンション上がったおかげで
渋滞もそんなに気にならなくてすみましたとさ。