明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

みなさんはもう初乗り行かれました?
今年の冬もえらく寒い兆しですが、負けじとウェットに身を包みいい波乗りましょう!

我々の2014の初乗りは日本海。
冬型気圧配置がゆるんだチャンスを狙っての北上。

凍結する一般道をひた走り、
たどり着いたのは…

こんな景色!
Img_289e03041cf9c8b7ba821816b6fcec44

クリーンな面にモモ腰の小さめだがピースフルなファンウェーブ!

みんなでシェアしあって乗ることの出来る環境は最高!
ガツガツ我が先にというようなスタイルはかっこわるいもんね。

ほんと偶然友人カップルとばったり会ってがなんと二組!
考えることは同じなんですね〜w

みんな笑顔のスマイル・サーフィング満喫したのでした。



ド、ドーン!
圧巻のヴィンテージボードがずらり!
Img_6a6f95da6f0808bbd5f612c31deec30c
Img_94855e30a1e2a4c551b0e75531612f93

さて。
近頃ヴィンテージボード熱が高まっているようです!
このニッポンのサーフ環境では最先端のサーフボードやツールに目がいくことがほとんど。
あくまでビジネスな部分もあるからかやはり新しくてきれいなものをどんどん提供するのが通例。
ニューモデルが出たらこっちのほうがいいですよ〜と言い、
壊れて来たらそろそろ買い替え頃じゃない?とオーダーをすすめる。
そう、ビジネスだからそれでいいんです。
買う側が考えて決めればいい。

だけども。
どちらかというと当工房では新しいモノをどんどん買うというより、
一本の魂のこもったものをずーっと永く使って欲しいと思うのです。
「それじゃ儲からないんじゃ?」
そんな声ももちろんあります。。
ビジネスだし生活もかかっているからもちろんキャッシュは必要です。
でもただキャッシュのためだけに、その目的のためだけにものづくりはできませんし、
しません。
私の気持ちがそれを許さないのです。
波乗りを始めたあの頃の純粋な気持ち、
水の上を滑って行くあの感じ…
それをキャッシュとごちゃ混ぜにはしたくないなぁというのが本音です。
きれいごとかもしれませんが、
これを忘れるとイヤな人間、イヤなサーファーになってしまうと思うんです。

それを思い出させてくれるのがこの古ーい重たーいボードたち!
長い年月を生き延びてきた、たくさんのひとに愛されてきたボード!
だからこそいまでもまだ現役で乗り手に笑顔を届けてくれるんです。

そこに刻まれたたくさんの傷は勲章です。
壊れたら愛情と感謝を込めて直してあげればいい。
そうやって大事に大事に永ーく乗ってあげてくださいね。

今回はこのヴィンテージボードたちをちょっと違った観点から見ましたが、
これもまた大切なことだと思ったのでした。。
 
Img_93918db4ca8e7a95dc89f26c4f48ab7a
Img_1c8623504fc71bff17f167f8271b705c
しっかりリペアしてたくさんのひとに笑顔を届けることができるようにがんばりますよ!

The Vintage boards,
They bring you LOVE & PEACE !!
With Legendary people's warmly hearts.
Img_cab3e492eb989db67b3fa10d4669a625